ごきげんよう

夏まっさかりですね(大嘘)

サイバネCD発売おめでとうございます!

ごきげんよう

THE IDOLM@STER SideM「Cybernetics Wars ZERO~願いを宿す機械の子~」
CD発売おめでとうございます!!!!!

それからLIVE ON ST@GE!配信おめでとうございます!!!!!
タイムラインはエムステでいっぱいだが!わたしもエムステツイートめっちゃしてるけども!どうしてもサイバネの話がしたかった!
サイバネCDは全国のCDショップで発売中です!!!!!!!!!

(まだ買ってないや!って方は下のリンクを是非ご活用ください)

【Amazon.co.jp限定】 THE IDOLM@STER SideM「Cybernetics Wars ZERO ~願いを宿す機械の子~ (L判ブロマイド付)

【Amazon.co.jp限定】 THE IDOLM@STER SideM「Cybernetics Wars ZERO ~願いを宿す機械の子~ (L判ブロマイド付)

 

 

もう、聞いてから、有り余るパッションヌをどこにぶつけていいかわからなくてとりあえず「記事を書く」のボタンを押してしまった。以下、翔真さんファンの都築Pサイバネゾンビがネタバレしかしていません。

 

まずドラマパートのお話を少し。
CDが出る前に内容について「サイバネゼロのプロモーションをする5人のお話」だという風に書かれていて、ふむふむなるほどと思っていたので、まさか、あの、イベントストーリーの一部や新しいシーンが、ドラマパートで聞けるなんて全然思っていなくて、初めて聞いたとき変な声が出ました。イベントストーリーをフルボイスで聞けただけでもなんて幸せなことだろうと思っていたのに、こんな、役者さんの間合いで演じられた、BGMやSEまでついてる状態で聞けてしまっていいんでしょうか……すごいよこの世界線……。

ケヴィン役の都築圭の、あんなにも優しそうな声で「目覚めてくれてありがとう、ADAM」「君は特別な子だ」「君は、僕の希望だ」って聞けるなんてもう…もう…すごいよちゃんと「都築圭が」「演じて」るの…………すごい……………ありがとうございます世界………(すぐ世界に感謝するP)

アイドル同士の掛け合いもすごく彼らが生き生きしていて……主人公を演じた旬くんの成長ぶりを感じられると共に、初めてのユニット越境のドラマCDで、「この5人だからこそ完成したんだな」ということも感じられて、すごく幸せでした。

本当に、都築さんがすごく生き生きと喋ってらして……あ、生きてる、担当が生きてる、ってずっとぼやきながら聞いていました。旬くんと音楽のお話をしたり。寝ているところに毛布をかけてもらっていたり。ドラマのお仕事をすごく楽しんでいたり……幸せだぁ………(語彙の喪失)

大ファンである華村さんと、担当の都築さんがお話していることにも、もう感極まりまくりでした。普段はユニット単位で動いていることの多いSideMだと、こうしてユニットを越えてみんなが喋っていると新しい発見があったりして、本当に楽しかったです。
あと「(東雲さんに)目ぇ輝かせちゃってぇ~」っていう翔真さん好きです、笑っちゃいましたごめんなさい。つらいとき翔真さんの胸の中で泣かせてほしい

 

曲についても。
試聴を聞いたときは、作品の雰囲気からイメージしていた曲調よりさわやかだ…!と思っていたのですが、フルで聞いてみると、さわやかな中にどこか切なさを感じました。ドラマの結末を知っちゃってるからでしょうか……

もともと別のユニットの5人が、こうしてひとつの曲を歌って新しい魅力が生まれているさまは、まさに都築さんの求める新しい音との出会いなのかもですね。

2番Aメロの
華村「誰にだって祈りがあって」
東雲「譲れない理由のため生きてるんだ」
のところで再度涙腺が決壊しました。イーサンとバリィさんを思うと泣けました。
「譲れない理由の」の「の」の部分がほんとにかっこよくて危うく東雲さんに恋に落ちるところでした。すでにファンではあるのですが。華村翔真さんの夢女子でよかった(だまらっしゃい)。

めっちゃ幕張一日目現地への行きたい欲が高まりました。
ってか絶対行く。生ジェネコン絶対聞くぞ(言霊)。


さて、そんなサイバネゼロ。

初めてのユニット越境での、投票制で決まったCD。
そんな大役を担当が務めさせていただけたこと。

そう思ったらジェネコンを聞いていて涙が止まりませんでした。
胸がいっぱいです。
なんだか、このCDを聞いている間ずっと、夢みたいでした。
都築さんの担当Pになれて幸せだなって、思いました。

まずサイバネという前作が根強い人気を持つグループにいたこと。そして何より、この5人であったこと。翔真さんと都築さんが一緒だったという個人的にうれしかったことももちろんなのですが、この5人じゃなきゃ、このサイバネゼロにはならなかったんだろうな、という配役・バランス……。イベントをやっていたときもずっと本当に幸せだ、ありがたいことだと思っていました。
ストーリーもすごくよくて。終わってからしばらくロスってしまったし、CDを聞いてまたぶり返してしまったくらいには素敵なお話でした。

CD内でも言っていたように、人気があれば、次があるかもしれない。
サイバネに限らず、また何かの続編や音源化があるかもしれない。
そして何より、担当のこの晴れの姿を、たくさんの人に聞いてほしい。
だから是非、サイバネCD、聞いていただけたらうれしいです。

 

そんなわけで、突然夜分遅く失礼致しました。
もうちょっとだけエムステやってジェネコン聞いて寝ます。